--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-04(Thu)

官能の宴 【昼の部】

会場に結構ぎりぎりに到着の私たち。。。
しかし、会場に着くとまだ長蛇の列。。。なんぞや!!!とおもってたら結構押してるらしく、結局私たちが入ったのは開演予定時間を過ぎてからでした。いや、普通の会場ならべつにそんなに恥ずかしくないんですよ。。。でもね、この日の前進座劇場の入り口には、2mはあろう大きな看板に…


「官能の宴」

ってでかでかと書いてあったんですよwwww
なにこの羞恥プレイwwwもうね、道行く人の視線が痛い痛い。。。さすが千代丸さんの会社はちがうなあとwww変態女子のことをよくわかっていらっしゃるwwwそんなプレイも快感に感じてこそ、真の変態であるということですね、わかりますw



そんな羞恥プレイをしながら、開演ぎりぎりに会場内へ。

OP前の影アナに和彦さんが登場!
「外は寒かったでしょう。」といい和彦さんが温めてくれるとのこと。。。ドキドキしてると、、、スピーカーから…

「愛してるよ」

というささやきが。。。
ぬああああああああああああ!!!破壊力抜群!!!
もうちょっとでイクところだったwww濡れた!!!

お客さんたちが悶えているところに、生和彦さん登場!!!生って言葉ってエロイよね。。。
今回もCD同様、和彦さんが案内人をしてくださるということで、和彦さんのお話で官能の世界へ引き込まれて行きました。。。


最初の読み手はゆっちーこと遊佐浩二さん。
遊佐さんがよんだのは「天女の羽衣」
日本新三景の一つ三保の松原に伝わる天女の物語ですね。

なんと、しょっぱな4行目から噛んじゃったwしかし、その後はどんどん朗読に引き込まれて行きました。。。そして、私は知ったのです。。。朗読会って辛い。。。いや、あれだよ。内容とかすごくいいし、声優さんの朗読とかめっちゃ癒されるんだよ。だけどね、本当にシーンとしてるから、もう息をするのさえ音でてないか心配になるんだよwww衣擦れの音や唾を飲み込む音さえに気なってしまって、からだががっちがちだったw正直ゆっちーの朗読終わったとき、ほっとしたもんw
途中、聞きどころである官能シーンが始まると、照明がピンク色にwwwちょwwwナニこの雰囲気ww

wエロイ。。。えろすぎるやろーーーーーー!!!
遊佐さんの「お前は何もしなくていい。。。俺にすべて任せて…。。。いいか?」とかなんとかいうようなセリフの時に、、、「もう、私を好きにして!」と思ったのは私だけではないはずであるw

あと、遊佐さんの表情にもとてもドキドキさせられました。遊佐さんはいいタイミングで、会場を見渡す

んですよ。遊佐さんの顔が会場に向くたびに、ドキ((*゚д゚))ってなってましたwあと、最後の方の

「いかないでくれ・・・いかないでくれえええええええ!!!」の叫び。。。

もう、遊佐さんの迫真の演技にからだがふるえました。。。達が本命なんだが、やっぱり遊佐さんや井上さんは格がちがうなあ、と感じました。



次の朗読はわれらがたっつんこと鈴木達央さん。
たっつんが読んだのは「赤い靴」
アンデルセン童話で、赤い靴に魅了された美しい少女カーレンのお話。
原作では少女は足を切断し、その脚はどこかへ踊っていってしまったとありますが、今回のシナリオでは靴屋さんに靴を脱がせてもらい、靴だけが踊ってどこかへ行ってしまったという流れに変えてありました。ここが官能ポイントですw、

たっつんは噛むこともなく完璧にこなしました。今回は調子良かったみたい!前回のイベントはカミカミだったからねwたっつんが出すおばあさんの声に吹き出しそうになったのはないしょwwwでも、少女の声はかわゆかったおw
靴屋のおじさんの話し方がいちいちいやらしいんだよ。。。優しくていやらしいから、もう、へんに耳に残ってますwwwまあ、作りすぎててあまり好きな声ではなかったのですがねwおじさんが靴を脱がせるために、動けないように椅子にカーレンを縛り付けるんだが、もうその辺から突っ込みどころが満載でどうしようかとwww縛るって言葉が出た瞬間にまわりがどよめいたしwwwまあ、私も激しく反応しましたがwそのあとエロエロ靴屋さんはいすに縛り付けたカーレンの顔を優しく拭いてあげるのだが、耳をふくときがひどかったwww

靴屋、なぜか若干あえぐw
「もっと広げて見せてください」
「奥まで入れますよ。」
「大丈夫、痛くありまんよ」


ぬああああああああああ、、、耳のことだとわかっていても違うことを想像してしまうではないか。。。

脚本家さんに拍手を送りたい!!!ぜひ、達央の普通の声でいってほしい。。。




ここで、朗読を終えた2人を読んでミニトークコーナー。
遊佐さんが噛んだことについて和彦さんとたっつんで終始つっこむwww遊佐さんたじたじw遊佐さん曰く「噛んだことすら実は緻密に練られた作戦」らしいですw



トークの次はわちゃこと羽多野渉さん。
わちゃがよんだのは「藁しべ長者」
まあ言わずもがな、これは知っているでしょうwわらがどんどんいいものに交換されていくお話ですwまったくうらやましいかぎりですなw

わちゃですが、読み方が日本昔話でふいたwwwなぜかわちゃのときはわらいごえがwww
で、わちゃの朗読での聴きどころというと、、、聞いた人はわかると思いますが・・・

もちろん「みかんプレイ!!!」ですな!!!

さあ、ここでみかんプレイとはなんぞやと思っているか他のために、ご説明いたしましょう。
藁しべを持った若者は、その藁と交換にみかんをもらいます。其のみかんを持って歩いていると、行き倒れた女性に出会います。彼女は脱水症状のような状態のようで、水分をあげなくてはいけません。

ここで!!!ここで、みかんの登場です!!!

わちゃは、、、じゃなかった、その若者は彼女にみかんの汁を飲ませようと自分の口にみかんを入れて、口の中でみかんをつぶし、汁だけを彼女に飲ませます。。。

口移しで!!!!口移しで!!!大事なことなので2回いいました。

(*´д`*)ハァハァ・・

おっと失礼。まあこれがみかんプレイです!そんな私は昨日からみかんプレイがしたくてしょうがありません。これ書き終わったら、夢の中でわちゃとみかんプレイをしてくる予定です。
しかも、このみかんプレイの時、リーサルウェポンが。。。


わちゃの指ちゅぱ!!!!!
゚+。゚☆キタ──*・゚・( ゚∀゚ )・゚・*──!!☆
゚。+゚



もうねちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱ・・・(;´Д`)ハァハァ (*´Д`)/lァ/lァ


昇天したwwwwwww


最後はもちろんスーパー井上タイム!!! よんだのは「眠れる森の美女」
名作ですな!これも知ってることと思い、説明カット!

唯一爆笑と拍手が起きた朗読!!!
フリーダムにもほどがあるwww
ひゃーーーひゃっひゃっひゃっひゃ!

もう説明のしようがないwこれはwww
みんな察してくれwww




トークパート

わちゃがマイクのコードに引っかかるwwwたつに、「お前どんだけ目立ちたいんだよwww」とつっこ

まれわたわたするわちゃがかわゆいwww

さて、ここで官能昔話には欠かせない人?の登場です!
ダミーヘッドマイクのダミーちゃん!またの名をだみ子!

ほんとこのコーナーの時ばかりは、だみ子になりたかった。。。
サイトで募集していたいってほしいセリフで、だみ子にむかってささやくというね。。。だみ子、お前いつかファンにぼこられるぞwww

そして、どんなセリフを言っていたかほとんど覚えてない私涙目www
だって、ほんとにずっと悶えっぱなしでどうしようもなかったんだよ。。。


トップバッターはわちゃ!
シチュエーションはミスをして上司に呼び出されるでした。
わちゃが上司、だみ子が部下。
わちゃはとんだセクハラ上司でしたwww
後ろに回り込み、「なら、ずっと俺のそばにいろ」てきな!!!てきな!!!
ぬああああああああ、☆萌ぇ★゚+。(o'д`o)。+゚★萌ぇ☆


つぎはたっつん!
シチュエーションは放課後の教室で彼女に向って。
たっつん的設定では、彼女がかえる準備してて、それを机につっぷしながら待ってる彼氏!!!らしい!!!
和彦さんが校内放送の真似したり、遊佐さんが学校の先生したりして、若干コント風www


遊佐さんのシチュエーションはだみ子が遊佐さんのことを好きで、それが遊佐さんにばれちゃってからかわれるっていうやつでした。
たつやわちゃが「観客としてみたい!」とステージぎりぎりまで出てきて、しゃがみ込んでみてましたwww
セリフはたしか・・・「へぇー、おまえ、俺のこと好きなんだ。…真っ赤じゃんwじゃあ、さ…もっと夢中にさせてやるよ。」てきなかんじだった!

そのあともいろいろあったがおぼえてない!!!


そして最後はもちろん和彦のターン!!!
もうね、かれはなんであんなにフェロモン垂れ流しなのwww
おかしいよwww
シチュエーションはバレンタインにほしいものを聞かれて。

ここで、なんとだみ子の代わりにわちゃの登場!!!
わちゃが女の子役でだみ子の代わりです!

わちゃ「ねぇ~かずぅ~。バレンタインチョコ以外なら何がほしい?」

そんな問いに、和彦さんは和茶の耳元に近づき1言・・・

「おまえがほしい」

キタ━━━━(*゚∀゚*)━━━━!!
もうすべてあげます!!!!!!!

そしてわちゃが私たちの気持ちを代弁して、床に大の字に倒れてくれましたw


抽選会…お友達が見事当選しました。。。べっべつにうらやましくなんか・・・あります。。。




最後はキャスト全員による朗読
作品は「すずめのお宿」

たっつんの雀がかわいくて。。。終始「チュンチュン!」ってかわゆい声で鳴いておりました。。。いっそ私が飼ってあげたいわ。。。
ゆっちーのおじいさんはなんかみょうにエロ爺だったwww
わちゃのくそばばあっぷりにフイタwさすがです!あ、くそばばあは私の言葉ではありませんよw劇中でたっつんと遊佐さんがいっていたのですよw

そして忘れてはいけない官能シーン!!!
人間の姿になった雀の舌が切られていないかおじいさんが心配すると、雀は急に妖艶な声で「お調べになって…」とおじいさんの指を口の中へ…
たっつんはあえぐし、ちゅぱちゅぱだし、もうおなかいっぱいです。。。たっつんのオナn・・・じゃなくて1人エt…じゃなくて、、、まあなんでもいいや。もうたっつんのえろさにおなかいっぱいです。。。
そんな中、和彦さんの「まあ、ゆうてもおじいさんと雀なんですがねw」という現実的なつっこみでやっとこっちの世界にもどってこられましたw



そしてとうとう終わりの時間が。。。
最後のあいさつで印象に残ったのはたっつンのこのことば。

「かの偉人はこう言ったそうです。『たっぷり…濡れましたか?』

はい、たっぷり濡れました。。。


こうして、昼の部はおわったのでしたw
スポンサーサイト

テーマ : 声優
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

sio

Author:sio
ようこそお越しくださいました。ここはかりなが日々の日常をつれづれなるままに書いているブログです。きまぐれですw

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
おすすめ
スカーレッドライダーゼクス応援中!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
おすすめ
スカーレッドライダーゼクス応援中!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。